シゲブログ ~避役的放浪記~

大学でロシア語を学んでいる者です 文章を書くのを仕事にするのが目標です。夢は世界一周です

#135 青春18きっぷの旅(2)

 どうしてこうなるかなあって思った。旅先でこんなことになるなんて。この一年間ほとんど公共交通機関を使ってないのに。「常磐線は未明の事故のために途中の区間では運転が再開していません」なんてちょっとアンラッキーすぎる。

 上野から乗って水戸に行きたい私は土浦駅というところで降りる。振り替え輸送のバスに向かう。改札を出ると大きな通路が左右に伸びていて、よくある駅だと思った。バスまでの道を示すためにたくさんの人が立っていて、おかげで間違えずに進めた。普段はツアー客が利用するであろう観光バスだった。バックパックの私は窮屈な格好で席までたどり着いた。

 

f:id:shige_taro:20210430014751j:plain

 そもそもの始動が遅かった。6時には、遅くとも7時までにはネカフェから出るべきだった。せっかく上野のネカフェに泊まって、常磐線を一直線に北東に、水戸まで行く予定だったのに。夜は高校の頃の友達と遊ぶ予定で、夕方には都内に帰りたかった。事故とそのために電車が止まっていることを知って上野駅で少し迷った。けれども私は水戸芸術館の展示をどうしても見たくて、悩んだ末に行くことにした。その賭けは結果的に失敗に終わり、線路内に突っ込んでプリウスを放置した「何者か」を心の中で呪い続けるはめになった。けが人が出なかったのは良かったけれど、対応に追われる駅員さんもいるし、こうして私が困っているし。

 

f:id:shige_taro:20210430015009j:plain

 千葉とか茨城とかそこらへんの細かい違いは関西人の自分にとってなじみがない。常磐線の駅名を見ながら、柏や安孫子が千葉県の地名というのはわかる。あ、安孫子じゃなくて我孫子千葉市のどこかに祖母の兄弟が住んでいるとか、東京の板橋だったか練馬だったかに親戚がいるとか、そういうのはあるのだけど、でもやっぱりいまいちわからない。東京の、というか関東の地理はピンと来ない。

「今度水戸に行くんだけどおすすめの場所あったら教えて」ってつくば出身の友達に聞いたけど、その子は水戸のことはあんまり知らないと言っていた。スマホの地図アプリで関東地方を拡大して、そりゃそうだよなと思った。阪神間で育った私は、神戸や大阪のことはわかるけれど、新温泉町や岬町のことはわからない。つくば市水戸市も同じ茨城県だけど結構離れている。都内からつくばまでなら1時間ちょっとで行けるけれど、水戸は2時間近くかかる。

 

「東京」とか「関東」は実際に住んだわけじゃないから、本や映画の描写やラジオで聴いた話の方が自分にとってはなじみが深い。ファンタジー作家の上橋菜穂子我孫子に拠点を置いていたと思うし、森絵都の『永遠の出口』は千葉に住む女の子が主人公だ。南海キャンディーズの山ちゃんは千葉市で育っていて、「W成人式」という40歳の人を祝う式典に参加した話をTBSラジオでしていたし、茨城はピースの綾部の出身だったはずだ。多忙の中でおかしくなってしまった綾部が気がついたら徒歩で茨城の実家に向おうとしていた話をいつかのラジオで聞いたことがある。空気階段の鈴木もぐらも千葉県旭市出身で、団地の話や父親の話をよくラジオでしている。今日途中で通った牛久も、映画『下妻物語』に出てくる。稀勢の里の出身地でもある。それから入管もある。日本の後進性を象徴する場所。

f:id:shige_taro:20210430014821j:plain

 昨日のネカフェも「よつばと!」を読んだりダゾーンでサッカーの試合を観たり忙しくて、まだ眠かった。電車の中で惰眠を貪るつもりが、バスの中で眠っていた。4駅分の距離だから、時間がどれだけかかっても1時間ほどだろうと高を括っていたが、2時間かかった。自分の住む地域にある整った交通網を実感させられた。

 土浦駅から羽鳥駅。バスの2時間はあっという間だった。快適でもあった。けれどまた電車に乗って水戸に行き、水戸から都内に戻る時も同じだけの時間をかけないといけないと考えると憂鬱だった。電車に乗る前の上野駅でそばを食べて、水戸駅に着くまで3時間以上かかった。そばの上にあったかき揚げが、今は胃の中でもたれていた。本来なら10時には着いているはずなんだけどなあ、なんて恨めしく思いながら水戸駅から芸術館まで歩く。本来なら偕楽園も見たかったし、駅前の納豆専門店にも行きたかった。モーニングが美味しいカフェも調べたんだけどなあ。水戸芸術館のタワーを目指して20分、やっと目的地に着いた。

f:id:shige_taro:20210430014843j:plain

 水戸芸術館。「3.11とアーティスト:10年目の想像」の展示。私の目的は小森はるかさんと瀬尾夏美さんの展示だった。最近も瀬尾夏美さんの『あわいゆくころ』を読んだし、二人が監督した映画『二重のまち/交代地のうたを編む』も気になっている。

 チケットを買って展示に進んだ。私のバックパックは展示に向かう通路で預かってもらった。

スタッフの方に頂いた「3.11展覧会のしおり」にはこう書かれていた。

この展覧会で紹介するアーティストたちは、災害にあった人からお話を聞いたり、震災のあとのかわりゆく風景を見て、感じたこと、考えたことを作品にしています。作品を見ると、10年前に起きたできごとから今までを知り、想像することができます。作品は、時間や場所をこえて、思いやできごとを未来に伝えていきます。作品を見て考えることは、未来へのリレーに参加することです。

 

f:id:shige_taro:20210430014939j:plain

 譜面台のようになった台の上に紙が置かれている。それらが連なって順路ができている。瀬尾夏美さんがTwitterに投稿した文章を〈歩行録〉としてまとめなおしたものをたどって、10年前の311日から2021年に至る年月を感じることができるようになっていた。

 その次の部屋は高峰格さんという人の映像作品。スーパーや魚屋で記録された、食品の放射能をめぐる会話が演技によって再現されたものだった。次の部屋には加茂昴さんが描いた福島県双葉郡の風景。その次の部屋には差別をめぐる藤井光さんの映像作品。アイオワ州で昔行われた有名な授業を踏襲した作品で、子供たちが差別について考える様が映っていた。その次は佐竹真紀子さんの絵が壁にかかっていた。私が行ったことのある荒浜の絵だった。木の上に色を重ね、彫刻刀で削った作品は、重なった年月や出来事を暗示しているように思った。再び小森はるかさんと瀬尾夏美さんの展示で、今度は大きな部屋だった。映画『二重のまち/交代地のうたを編む』ができるまでの過程がわかるようになっていた。その次の細長い通路にはニシコさんの展示があって、元々津波で流され、浜辺に落ちていたものが修理されて並べられていた。一つ一つのものに物語があるのは明らかで、全部の手触りを確かめたり修復の跡からアーティストの思いを探したかったけれど、その通路に至るまでにずいぶんと疲れてしまってこの辺りからしっかり見られなくなっていた。次の部屋のDon't Follow the Windの展示も思うことはたくさんあったのだけど頭痛が酷くなって長居できなかった。放射能で故郷を追われ、心から笑えなくなったと語る人の映像は、つらくて見てられなかった。 

f:id:shige_taro:20210430015206j:plain

 展示の終わりに来た人がメッセージを書いて壁に貼るコーナーがあった。しっかり言葉を選んでメッセージを書いた。美術館の椅子は居心地がよくて眠り込んでしまいそうだった。眠ってしまおうかと考えて、東京にいつ帰れるかわからない状況にあることを思い出した。5時には東京に着きたかったけれど無理そうだった。

 また同じ道のりを帰った。今度のバスは市バスで、行きの観光バスとは大違いだった。茨城空港から家に帰るであろう女の子二人が終わりつつある旅行について話していた。

 なぜか帰りの方が時間がかかって、友人らが待つ押上についた頃には午後8時を回っていた。




水戸芸術館の展示は
2021年の59日までです

www.arttowermito.or.jp

 

映画『二重のまち/交代地のうたを編む』

www.kotaichi.com

 

 


 

【今日の音楽】

youtu.be

 

この記事を読んだ人におすすめの記事 

shige-taro.hatenablog.com

shige-taro.hatenablog.com

 

#134【ネタ】悪口をわざわざ伝えてくる人

f:id:shige_taro:20210413070410j:plain


 

【ネタ】悪口をわざわざ伝えてくる人

A:直接さ、面と向かって伝えられるならまだしもさ

B:うん

A:誰かが言った悪口を教えてくれる人いるやん

B:いるよね。悪口を伝えてくるやつ

A:あの人たちめちゃ腹立つよね

B:それな。何の得にもならないのにな

A:あいつがあんなこと言ってたでって

B:お節介が過ぎるよな。ただただ嫌な気持ちになるっていう

A:でさ、最近考えてみたんよ

B:悪口言ってくる人のこと考えても意味ないって。あいつらは「言いたいから言う」っていう我慢ができへん種類の人間やねんから

A:本当に彼らの得にならへんのかなって。もしかしたら、得になってるのかもしれんなって

B:どういうこと?

A:なんかさそういう秘密の組織があるんちゃうかなって思うねん。そうじゃないと説明つかへん

B:どういうこと? 全然話がわからへん

A:つまり、秘密の組織があって、組織の任務に「悪口を伝える」っていうのがあるんちゃうかなって

B:何を言うてるんいきなり

A:だって説明がつかへんやん? 言わなくてもいい言葉を言ってしまうのって全然合理的じゃないし、効率も悪いし

B:それは単純に「悪口伝えたい!」「ああ我慢できない伝えたい!」っていう衝動を抑えられないってだけのことやから。自制心がないねん彼らは

A:そんなことある? もう21世紀やで。令和やで? 倫理観も理性もアップデートされないといけない世の中やん? 人間ってもっと進歩してたんちゃうん?

B:人間なんて所詮大したことないねんて

ACIAだかKGBだかMI6だかわかれへんけどさ、とにかく陰謀やねんこれは。だってそうじゃないと説明がつかんやん

B:いや落ち着け。そんな陰謀はないねん。Qアノンとか、日本が日本人以外に乗っ取られる陰謀よりも有り得へんって

A:あんなんと一緒にせんといて。「本当の」日本人の存在を信じたり議論したりなんてほんまに意味がないねんから

B:お前が言ってることもあんまり変わらへんで? なんやねん「人に悪口を伝える組織」って

A:いや理にかなってるだろ

B:じゃあさ、仮にそんな組織が存在するとして、その組織の存在意義はなんなん? 説明つかんくない?

A:それは、、、

B:ほら、説明できへんやん。そんな組織はないねん。目を覚ませえ

A:、、、戦争ちゃう?(思いついた様子で)

B:戦争?

A:そう戦争

B:どういうこと?

A:人と人の間。その間にある憎しみを増やすことで戦争を起こそうとしてるんだよその組織は

B:ん? なんかそれっぽいな。もうちょっと詳しく教えて

A:だからさ、武器を売りたい人がいるだろ。その人達はさ、誰かが誰かを攻撃できる口実を探しているわけやん?

B:なるほどね、たしかに

A:その人たちにとってはさ、人と人の間、あるいは、集団と集団の間

B:ほう

A:もっと言えばさ、国と国の間にある憎しみが増えることによって、武器を売れるようになるわけやん

B:身を守るために、あるいは攻撃するために武器が必要やもんね

A:悪口をわざわざ伝えてくる人は、その武器商人のために活動しているエージェントなんよ!

B:理にかなってました!(客を見ながら)

A:この説明は説得力あるんちゃう?

B:みなさん、周りで悪口を伝えてくる人がいたら気をつけてくださいね

A:騙されないでくださいよ!

B:ちょっとこれは新発見やな

A:みんなに教えなあかんわ

B:じゃあ二人でそれを告発して終わりにしよか

A:そやな

B:せーの

A:悪の組織は

B:あります!

AB:ありがとうございました!

 

 

【ひとこと】
最近漫才を自分がすることに興味が出てきて、ちょこちょこネタを書いています。

今書き溜めておいて、いつか養成所に通う時に披露しようと思っていましたが、そんなこともないだろうと思うのでブログにあげることにします。

目指せM-1グランプリ!
誰かコンビ組みましょう
 

【今日の音楽】

youtu.be


 

この記事を読んだ人におすすめの記事

shige-taro.hatenablog.com

shige-taro.hatenablog.com

shige-taro.hatenablog.com

shige-taro.hatenablog.com

 

 

#133【ネタ】復讐

f:id:shige_taro:20210413061111j:plain

 

 

ネタ「復讐」

 A:今度うちでホームパーティーするんやけど

B:うわいいなあ。大人になった感じするなあそれ

A:いいやろ。でも一つだけ問題があって

B:うんなになに?

A:一人嫌な奴がおんねん

B:そうなんや。まあそういうこともあるよね

A:どうしようって思って

B:お前はもう大人?

A:そうやと思ってる

B:それやったら我慢せんと。嫌やなって思っても絶対に顔に出したり、変なこと言って雰囲気悪くしたらあかんで

A:そうやな。俺がホストやもんな

B:そいつは、嫌なこと言ってきたりすんの?

A:うん。料理とかにもうるさいし

B:料理の悪口はいややな

A:おれが未だにプーマのエナメルの筆箱使ってるのも笑ってくる

B:それは嫌やな。確かにプーマの筆箱昔流行ったけど

A:鞄につけてるしっぽのキーホルダーも、下敷きに貼ってるプリクラもめっちゃ馬鹿にしてくる

B:お前00年代で時間止まってる?

A:そんなことないけど

B:普段やってるゲーム何?

ADSの、脳を鍛えるシリーズと

B00年代やん

Aレイトン教授

B:ばりばりの00年代やんけ

A:そうかな。今の高校生もみんなやってるでしょ。

B:やってへんわ。もっとアップデートしてかな。令和ももう3年ですぞ

A:まあ、昔からの習慣って変えるの難しいから

B:確かにね。三つ子の魂百までなんて言うけど

A:まあ、その苦手なやつさ、ミシマっていうやつやねんけど

B:男の子? 女の子?

A:女の子。下の名前「シマ」やから

B:あ、「ミ」が名字なんや。変わった名字

A:そう。東京出身に多いねんて

B:聞いたことないわ

A:そのミに対する怒りがさ、もう限界に達しててさ

B:なんやねん「ミに対する怒り」って

A:ホームパーティーでとっちめてやろかなって思って

B:あかんて、大人やねんから

A:その「大人」ってなんなん? さっきから? 大人になれたっていう自覚お前はある?

B:あるよ

A:具体的には?

B:おれはもうスモークチーズの美味しさがわかる

A:そういうのじゃないねんな俺が言いたいのは

B:落語の良さがわかる

A:なんかそれも微妙

B:じゃあこれは? 休日は蕎麦打ちが楽しい

A:さっきからなんか違うな。「大人」というより「イケおじ」って感じやねんな

B:それで、ミシマが嫌いなんやお前は

A:そう。でもミシマには弱点があるのよ

B:なに?

A:これはすごいよ

B:なになに?

A:大豆アレルギーやねん(勝ち誇った顔)

B:あかんよー! それはルール違反!

A:だからおれさ、ホームパーティーの最初にみんなでうどん打とうと思ってんねん

B:良くないよそれは。笑えない領域に入ってる

A:そう! 笑えないよ。でももううんざりなんだよ!

B:アレルギー反応どんなんかわかってるん? 

A:皮膚や口腔内の炎症に収まる場合がほとんどやけど、場合によっては呼吸困難にもなる

B:だから良くないねん。ほんで知っているのにやろうとしてるのはもっと良くないねん

A:ミシマには昔からいろんなことを言われた

B:それでもアレルギーを利用するのは良くない

A:クラスの成績も、ミシマにはどうしても勝てなかった

B:それは勉強することで何とかせんと

A:参観日の後には母親の体形を馬鹿にしてきた
B:それは、、、それはミシマが悪そうやけど

A:もう遅いんだよね

B:いやまだ間に合うって。食材を変えたらいいだけのことやから

A:もう俺んちさ、家じゅうの壁という壁にきなこが塗りたくられてるんだよね

B:うわ。最悪や

A:もう後戻りはできないんだ。ミシマがカフェラテを飲みたいと言っても、牛乳の代わりに豆乳を入れるし、うどんと一緒に味噌汁を出すし、枝豆以外のおつまみは出さない。

B:大豆のフルコースやんか。絶対にあかんて

A:お刺身も出すよ

B:醤油なしでは刺身は美味しくないもんな

A:もうすでに笑いが止まらないよ

B:考え直せって

A:ハハハハハ。ハハハハハ

B:(沈黙)

A:ハハハハハ。ハハハコホンコホンコホンコホン

B:(沈黙)

A:コホンコホンコホンコホン。あれ? なんか喉が痒い。どうして、、、

B:気づいた? 

(暗転)

 

 

【ひとこと】
最近漫才を自分がすることに興味が出てきて、ちょこちょこネタを書いています。

今書き溜めておいて、いつか養成所に通う時に披露しようと思っていましたが、そんなこともないだろうと思うのでブログにあげることにします。

こんなネタ作ってる私は、キウィアレルギーで食べたら喉が痒くなります。

目指せM-1グランプリ!
誰かコンビ組みましょう

 

写真は前栗原市に滞在した時の写真です。楽しかったなあ。またみんなに会いたいです。


 

【今日の音楽】
これは音楽というより映画

youtu.be

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

shige-taro.hatenablog.com

shige-taro.hatenablog.com

shige-taro.hatenablog.com

 

 

#132【ネタ】運命の人

f:id:shige_taro:20210412051322j:plain



 ネタ「運命の人」

A:ねえ、運命の人って信じる?

B:そうやなあ。結局人生ってなりゆきやと思うから、信じへんな

A:信じてないんや。珍しいな

B:珍しい、、、かなあ

A:珍しいよー。珍しいし、ロマンもないな。人生何が楽しいん?

B:そこまで言う?

A:俺は信じるけどね。運命の人

B:ロマンチックやけど、まあ現実的じゃないかなあ

A:最近思うことがあってさ、運命の人を見つけようとしてるんよね

B:そうなんや。深くは聞かんとくけど

A:運命の人を見つけるために、会う女性に毎回「あなたは運命の人ですか?」って聞く作業をしてるねん

B:やばいやばいやばい。そんなんしたら逃げていくよ運命。あと「作業」って言うのやめて。運命はまがりなりにもロマンチックなものやから

A:まだ見つからへんね

B:だからこの前、コインランドリーでおばあちゃんと話してたんか

Aせやねん。色んな場所でやってるんやけどさ。ハチ公前でも探したし

B:ああ、変な人や

A:浅草にも行った

B:海外の人もターゲットに入るんや

A:毎日大変よ。向かいのホームも、路地裏の窓もちゃんとチェックせんと

B山崎まさよしやん。

A:でもどこかで思っちゃってるんだよね「こんなところにいはずもないのに」って

B山崎まさよしやめて
A
:もしかしたらさ、もうすれ違っているのかもしれへんなって

B:というと?

A:実は運命の人にもう出会っていて、気づいていないだけなのかも

B:なるほど

A:だから実家から卒業アルバム送ってもらってさ。毎晩運命の人を探してるんよ

B:まあ気持ちの悪い

A:絶対に見たらわかるはずなんだよね。何かがひらめくはずやねん

B:運命の人には特徴とかあるん?

A:いや、直感に語り掛けてくるはず

B:そうやってやみくもに探すよりさ、特徴を上げて、考えて行ったら? 運命の人、まあ仮にいたらとしたらの話やけどさ、その人の特徴とかないん?

A:しいて言えば、あれかな。とても、とても、かわいい。

B:なんやそれ。結局お前はさ、運命の人を探しているつもりかもしれへんけど、本当は好みの人を探しているだけなんじゃないの?

A:でもまだ直感に語り掛けてくる人はおらんからなあ

B:もうええわ。何を聞かされてんねんおれは

A:でもこの話まだ続きがあって。

B:うん(だるそうに)

A:最近マッチングアプリを始めてんけど

B:そんなところに運命の人はおらんよ絶対

A:昨日マッチングした人がいて

B:おお、良かったやん(少し食いついた感じで)

A:その人の名前は、植物の麻に美しいと書いて「あさみ」さんやねんけど、麻の花言葉って何か知ってる?

B:なんか嫌な予感するな。

A:麻の花言葉って「運命」やねん

B:やっぱり。運命に取りつかれすぎやって。大丈夫か?

A:プロフィール写真を拡大して印刷してんけど

B:うわ、印刷までしたんかよ。なんかあったん? 辛いことあるなら話きくで? 

A:麻美さんの持っている花がどう見てもプリムラマラコイデス、別名西サクラソウやねん。

B:長い花の名前やな。名前だけじゃ見当もつかんわ

A:その花言葉

B:運命なんやろどうせ

A:いや少し違う。「運命をひらく」

B:なんでそんなん知ってんねん。大丈夫? ほんまになんかあったん?

A:そんでプロフィール欄の一行目に書いていた言葉が

B:もういいって。大丈夫なんか? お風呂バブ入れてゆっくり入れって。牛丼も普段頼まない特盛とかにしろって。ちょっといいアロマ焚いたりしろって

A:まあまあ。焦るなって

B:いや心配やねん。ここまで来ると

A:プロフィール欄には「あなたの運命の人です」って書いててん。俺ようやく見つけられたんよーーー(うっとりとした表情で上を向く)

B:(観客に向って)以上怖い話でした!

BAの手を引っ張ってはける)

 

 

【ひとこと】
最近漫才を自分がすることに興味が出てきて、ちょこちょこネタを書いています。

今書き溜めておいて、いつか養成所に通う時に披露しようと思っていましたが、そんなこともないだろうと思うのでブログにあげることにします。

目指せM-1グランプリ!
誰かコンビ組みましょう
 

【今日の音楽】

youtu.be

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

shige-taro.hatenablog.com
shige-taro.hatenablog.com

 

#131 青春18きっぷの旅(1)

f:id:shige_taro:20210409202119j:plain


  語りたいのに語れない。書きたいのに言葉が見つからない。そんな風にして記録されないままの感情が、心の揺れが、思い付きは私の頭の中で次第に風化していき、忘却のブラックホールに吸い込まれていく。先週、いやもう先々週のことか。青春18きっぷで旅行した。朝早くに家を出て、東京まで。途中の豊橋で動物園に行き、静岡でさわやかのハンバーグを食べ、上野駅の近くで銭湯に浸った。大学の卒業式の次の日で、気持ちがふわふわしていた。「大学を卒業しました」「4月からは社会人として東京で働きます」みたいな文字がSNSに並んで、それを見ているとしんどくなってしまった。自分がいつまでたっても同じ場所にいて、誰からも置いてけぼりにされている気がした。自分はわがままで欲張りで本当にダメなやつだなと思った。苦手なものを嫌いなものを避けて避けて来た結果、こうなってしまったのだけど、こうなった以上は後戻りは難しそうだった。電車は滋賀から岐阜に入ろうとしていた。いつか見たような景色が窓の外には続いていた。向うの山には桜の花が見えた。旅行するにはちょうどいいタイミングだったなと思った。長く生きて良かったことは、知り合いが増えて、どこに行っても、たいがい誰かの出身地を通るようになったことだ。その土地に行けばその人のことを考えられる。名古屋に行くついでにサークルの先輩だった人の出身高校に寄ってみたり、駅名を見て、誰かがここ出身だったなあなんて思い出したり。その時間はとても幸せで、思い出の中でうっとりしてしまう。こういうの結構みんなもしてるんだと思ってたけどそうでもないらしい。この前友達と話して知った。

f:id:shige_taro:20210409202544j:plain

 ばあちゃんが死んだのはこの季節で、だからなのかわからないけれど、この時期は少ししんどい。おばあちゃんに言われた言葉とか小さい時に叱られたこととか、そういうのが自分の自信のなさや卑屈さにつながっているんだろうとか、そういうのを考えてしまう。最近はずっと。父がひとつも連絡をよこさなかったことや、父方の家族に建て前だけの言葉で絶縁されたこととか。良くない思考が始まってしまう。でもそれは一度始まると無限にループしてしまう。やめられない、とまらないカルビーかっぱえびせん

 二川駅というところで降りて豊橋市総合動植物公園、別名「のんほいパーク」に行く。ペンギンを見に行ったのだけれど、ガラスの奥のペンギンは狭い場所に閉じ込められて可哀想だった。ジェンツーペンギンもオウサマペンギンも、ミナミイワトビペンギンも縮こまっていた。やっぱペンギンは野生に限るな、なんて思ったけれど野生のペンギンなんて見たことがない。いつか南極のどこかでペンギンが見られるような人生になったらいいなと思った。

ブルブルブルブルブルブルブルブル

ブルブルブルブルブルブルブルブル

ブルブルブルブルブルブルブルブル

ブルブルブルブルブルブルブルブル

 ヘリコプターは次第に高度を落とす。極地にしては珍しく晴れた日。氷の上はきれいな白色。ヘリコプターの回転するプロペラが積もった雪を吹き飛ばしている。ペンギンたちは、遠巻きにこちらを見ている。人間に慣れていないのだろう。一行が着地したヘリコプターから姿を現すと、好奇心旺盛な2羽のアデリーペンギンが近寄って来た。「手を出したりしてはいけない」というコーディネーターの言葉を思い出しながら、私はそのふわふわツルツルした白黒の鳥を抱きしめたい衝動と戦っている。彼らの羽はツヤツヤしていて、泳ぐのに適しているのが目に見えてわかった。脂が浮いた羽毛は太陽の光をキラキラと反射させた。ようやくここまで来れたと私は思った。あの日豊橋市の動物園でペンギンを見て以来、野生のペンギンを見ることが私の夢だったのだ。

f:id:shige_taro:20210409202344j:plain

 野生でないペンギンにがっかりしてしまった私は園内をもう少し歩くことにした。鳥類のコーナーではセキレイメジロなどもいて、なんだか可哀想だなと思った。サルのデッキにはダイアナモンキーの家族が身を寄せ合って寒そうにしていたし、ホンドギツネは同じ所をぐるぐると回っていた。小学校高学年くらいの女の子が1人で狐を見ていた。狐の尻尾はふさふさしていた。その横ではハクビシンがごそごそと動いていた。雨がぽつぽつ降ってきてなんだか疲れてしまった。途中で駅に戻ることにした。最後に寄った入り口近くの植物園は良かった。電車が来て、終わらない東海地方の旅が幕を開けた。あとで調べたらネコ科のサーバルものんほいパークのどこかにいたみたいだった。サーバルは見たかった。

f:id:shige_taro:20210409202435j:plain


 中学時代の同級生から返信が来て、静岡を通るなら岳南鉄道とさわやかがいいと教えてくれた。岳南鉄道はさすがに時間がなさそうだったので、さわやかに行くことにした。静岡駅の北側には大きなバスターミナルがあって、まるでどこにでも行けるような気がした。春休みに連れだって静岡駅まで出て来たような中学生の女の子たちがスタバのカップの写真を撮った後で走ってバスに乗り込んでいた。いたるところにさくらももこの絵があって、学校のグランドでサッカーをしている子たちもうまくて、ああ静岡だなあって思った。初めて静岡を歩いた。
JRから少し歩いたところに静岡鉄道の新静岡駅というのがあって、そこの駅前ビルの4階にさわやかはあった。ハンバーグと鶏のステーキみたいなのを食べた。脂が飛ぶからテーブルの上には紙が敷かれていて、そこに書かれていた内容によれば、今静岡ではいちごが美味しいらしい。静岡県でいちばん大きな農園は掛川市にある「赤ずきんちゃん」という農園で、そこで獲れる紅ほっぺという品種が、旬なのだという。うまくできとる。

f:id:shige_taro:20210409202255j:plain

f:id:shige_taro:20210409202309j:plain


 駅ビルの中は香水のような柑橘系の匂いがしていた。東南アジアのホテルのレセプションとかにありそうな匂い。

 去年18きっぷで静岡を通った時は、富士山がきれいに見えた。今はもう夜で、曇り空と富士山の境界が曖昧だったから、なんだか大きな蜃気楼に思えた。不思議な光景だった。この電車に乗っているほとんどの人にとっては富士山の姿は日常なのだろうと思うと、それも不思議な感じがした。午後に動物園に寄っていなければ岳南鉄道に乗って富士山を見ていた可能性もあった。

 上野駅は人がいなかった。人がいないのに音声案内がうるさかった。COVID19のせいでレストランやカフェは営業が夜8時までになっていて、マクドさえも閉まっていた。『JR上野駅公園口』を私はまだ読んでいないけれど、読んでから来たらまた違うことを思うのだろうなと思った。卒業式が終わったのか紙袋に入れた花束を持ち歩いている集団にいくつか出会った。

 木曜日は空気階段がラジオの収録をしているだろうから、TBSラジオで出待ちをしようかと思ったけれど、赤坂に行く元気はなく、そもそも赤坂と上野の距離感もわからないから結局やめた。銭湯には数人しかおらず、上野駅も客引きがほとんどいなかった。ネットカフェでアイスクリームをたくさんコップによそったり、ドリンクの美味しい混ぜ合わせを探しているうちに疲れて眠ってしまった。東京は何にもないように見えて何でもそろってるなあ。なんて気を失う前の一瞬に思った。

f:id:shige_taro:20210409202144j:plain

 

【今日の音楽】

友達に教えてもらった曲 

youtu.be

 

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

 

#130【ネタ】逆走

f:id:shige_taro:20210405194016j:plain

ネタ「逆走」

A:突然なんやけどさ、高速道路を逆走したら、コロナウイルスが流行らなかった場合の2020年夏にに行けるってしってた?

B:え?そうなん。ほな東京オリンピック行けるやん

Aせやねん。だから高速道路を逆走する人が後を絶たないわけよ

B:なるほどね、納得やわ

A:おれがさ、なかようさせてもらってるジジババの中からさ、最近ついに高速道路逆走した人が出たのよ

Bおお、あついやん。高速逆走デビューしたんや。てか自分ジジババになかようさせてもらってるんや

A:(棒読みで)で、今から話すのは、村野茂平と言うおじいさんにきいたおはなしです

B:ん? それれごんぎつねやん

A:いやごんぎつねはこう。(音読の宿題風に)「これは、私が小さい時に、村の茂平というおじいさんからきいたお話です」

B:ちょっと違うんか

A:そう。「村の」じゃなくて「村野」っていう名字やから

B:なるほどね。

A:まず、茂平さん気づいたらマーチのハンドルを握っていて、高速道路を逆向きに走っててんて

B怖いな、記憶ないんや

A:最初は低速。10キロとか20キロ

B:まあ怖いもんな

Aでも走ってるうちにトイレに行きたくなって

B:お年寄りやからな

A:段々速度が上がっていって

B危ない

A50キロ、60キロ、70キロ

B危ない危ない。大丈夫それ?

A:大丈夫。茂平さん、避けるの上手やから。むかしボクシングやってたから動体視力はめちゃくちゃあるねん。700ぐらい。80歳にしてはけっこうすごいレベル

B700? 動体視力の計算方法どんなん?

A:満点は990

BTOEICやないか

Aだいたい750から800ぐらいあればビジネスでも使えるレベル

BTOEICやんけ

A:でそのまま走っていくうちに、気づいたら太陽が高く上がっていて、視界が急に明るくなっていて、高速道路を走る車がマーチ以外にはいなくなって

B:急にSF映画になるやん。それ本当の話なん? 映画『2001年宇宙の旅』とか『インターステラー』と現実を混同してるとかじゃなくて?

A:誰もいないから高速降りて、トイレ借りる場所探すんやけど、降りた所が国立競技場に続く一本道

B:なるほどね。ここで気づくわけか。

A:そうそう。大群衆の前で小池百合子鬼滅の刃のコスプレしてるのを見て茂平さん気づいてんて

B:似てるけど違うからな。青と黒の市松模様がたまたまかぶっただけやから。単なる偶然やねんから

A:気づいたら手に聖火トーチ持っててさ、

B聖火ランナーやったん? 

A:しかもどうやら最後のランナーぽいねん。で車停めて大観衆の中を歩いていくんよ。一歩一歩

B:もうランナーではないよな。80歳のおじいちゃんなんやから。てか大丈夫? それ画持つ? 

A100mぐらいの距離やってんけど25分ぐらいかかってしまって

B:かかりすぎやろ

A:その横をテレビカメラマンがゆっくり歩いて

B:全世界のお茶の間がしらけてるやろ。あとトイレは大丈夫?

A:それが大丈夫じゃなかってん。残り10mのところで茂平さんこけてしまって。もう大惨事

B:あらかわいそう

A:聖火が消えてしまって

B:ほんまに大惨事やんけ。あんなん地球上でもっとも消えてはいけない炎やで。それはどうなるん? 開会できへんよな?

A:そうやねん。だからCOVID19が流行っても流行らなくても、2020年に東京オリンピックはできへんかったっていうことやねん

B:うわーそういう運命やってんな

A:せやねん。茂平さん責任を感じてはって、もう一回高速道路を逆走して、過去を変えたいと思ってんねんて

B:やっぱSF映画の主人公みたいやん。よくわからないタイムトラベル試みてるやん

A:でも茂平さん、最近家族から運転すること禁止されてさ、免許証と車のカギ隠されて

B:ちょっとかわいそうやけどまあ仕方ないか

A:だから最近はとりあえずイオンモールエスカレーター、片っ端から逆走してみてるらしい

B:いや、元気やな。もうええわ

 

 

【ひとこと】
漫才のネタを書いてみようと思って今年の始めに書いたやつです。いつか芸人養成所に通う時に披露しようと思っていましたが、そんなことももうないだろうと思いブログにあげることにします。目指せ
M-1グランプリ!
 

【今日の音楽】

youtu.be

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

 こちらも漫才のネタです:shige-taro.hatenablog.com

 

 笑える文章を目指した文章です

shige-taro.hatenablog.com

#129【ネタ】待ち合わせ

f:id:shige_taro:20210403035114j:plain

 

ネタ「待ち合わせ」

A: 待ち合わせ場所で待つ時ってさ緊張せん?

B: 緊張するな

A: まず相手がいるかどうか探さなあかんやん。しかも同時にLINEもチェックしなあかんやん

B: せやな、あれがめんどいんよね。遅れてる可能性もあるから

A: そう。待ち合わせの時って色んな可能性があるから待つ方は考え込んでしまうのよ

B: 脳みそなんて無ければ楽やのにな

A: ほんまやで、脳みそがあるから諍いが起き、脳みそがあるから戦争が起きんのよ
B: 一つもいいことないな
A: あともうひとつさ、クールな自分を演出するために、文庫本を手にもっときたいやん?
B: それはお前だけちゃうか?
A: そっか、これはおれだけか
B: 気持ちはわかるけどな
A: この時期さ、マスクしてる人多いから人違いしてしまう可能性もあるやん
B: せやな、ざわちんなんてそれを逆手に取って飯食うてるねんから
A: ざわちんってあれやっけ?
 マスクした状態でモノマネメイクする人やっけ?
B: そうそう。一時期テレビめっちゃ出ててんから
A: おれもさ、マスクしてたらさ、板野友美大島優子篠田麻里子、あと、映画『ヘルタースケルター』に出演した時の沢尻エリカによく間違われるわけよ
B: いや、それはざわちんやから。ざわちんのモノマネレパートリーやから。お前ざわちんちゃうやろ
A: そっか、おれざわちんちゃうか
B: おまえはAやねん。残念ながら。2021年になって、ざわちんのモノマネレパートリーわかる人、けっこう限られるから
A: 待ち合わせで最悪なのはさ、相手がいない、しかも連絡も来てない、っていう場合やん
B: 色々な可能性が考えられるもんな
A: そう。寝坊、充電切れ、体調不良、ドタキャン、ダブルブッキング。あるいは板野友美に間違われてファンに取り囲まれてる可能性も考慮にいれんと
B: いや、最後のやつは、ざわちんと待ち合わせしてる場合のみ有効になるやつやから
A: いや、これ実際にあったことやねんけど
B: え? じゃ自分ざわちんと知り合いなん?
A: ううん。連れにさわちんはおるけど。ざわちんはおらん
B: ややこしいな。ほな、板野友美に間違えられる知り合いはいないってことやね?
A: いや、さわちんYouTubeやっててさ、アイマスクした状態でモノマネメイクやってんのよ
B: えーーさわちんすごいな。逆ざわちんってこと?
A: そう。ほんで、この前さわちんと待ち合わせしてたんやけど、板野友美に間違えられてファンに囲まれたせいで、2時間遅れたんよ
B: さわちんすごいな。てか板野友美のファンってまだおるんや
A: 絶滅寸前やけどな。おることにはおるみたい
B: 2時間も熱量を保てるってのもすごいな。ちょっと怖いわ

A: さわちん、アイマスク外すようにせがまれて、大変やってんから。そのせいで俺に連絡できんかってんから
B: あのさ(何かに気づいた様子で)さわちん、多分嘘ついてるで
A: え?
B: ほんまは寝坊してたのに、ファンに囲まれて遅れたって嘘ついてると違う?
A: いやそんなわけないて。さわちん良い子やもん
B: いや、不自然やって普通アイマスクして歩かへんやん
A: 確かに不自然かも。ちょっとさわちんに電話して聞いてみるわ。
スマホを操作して耳に当てる演技) もしもし、さわちん?……こないださ、待ち合わせに遅刻した時のことやねんけどさ?………そーそーそー………あれ、ほんまに板野友美ファンに囲まれてたん?………あれ? さわちん? (スマホを耳から離しBを見る)切れたわ
B: やっぱおかしいねんて
A: あ、LINE来た。「今、大島優子ファンに囲まれてて電話できへん。ごめん!!!」やって
B: なんか闇深いな
A: 脳みそなんて無ければ楽やのにな
B: うるさいな。もういいわ
AB: どうもありがとうございました

 

 

【ひとこと】
漫才のネタを書いてみようと思って今年の始めに書いたやつです。いつか芸人養成所に通う時に披露しようと思っていましたが、そんなことももうないだろうと思いブログにあげることにします。目指せ
M-1グランプリ!

 

【今日の音楽】

youtu.be

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

高校時代について書いた記事:

shige-taro.hatenablog.com

笑える文章を目指して書いた記事:shige-taro.hatenablog.com